IPCわんわん動物園 その2

ではわんわん動物園その2です。

17124 
今回はネガティブというか悪い所の話になります。

屋外ふれあい広場

ふれあいは屋外と屋内があります。
屋外の方は吹きさらしの屋根も木陰も無くて、炎天下の直射日光下で死ぬかと思いました。
と言うのは冗談で、さすがに行った日は使われていませんでした。
40度とか人もわんこも危険ですよね(^^;

 

屋内ふれあい

屋内は他のイベントとスペースを分け合っていたせいか、10畳ちょっとくらいのスペースかな・・・
普段はフルに使っているんですかね?
一応冷房も入っていましたが、ぬるい設定で汗だくでしたね。

肝心のわんこですが、小型犬が10匹程度居るだけの(´・ω・`)な状況です。
なんかもう写真を撮る気力も無いです。狭すぎるし。

ここではおやつを購入してわんこにあげる事が出来ます。
ご察しの通りですが、エサ持った人の所にしかわんこが寄っていかないんですよね・・・。
世界の名犬牧場の時も言いましたが、おやつをほぼ無制限に与えられる所というのは、ふれあっているのでは無く、エサで釣っているだけですから。

行きませんでしたが、チワワのお家も同じような状況でしょうね。

 

屋外展示

今回は文字ばっかりですみませんね(汗)
屋外展示も・・・まあそこそこあるのですが、柵が厳重過ぎて猛獣でも居るのかとw

17123  17122 
もはや上からのぞき込むしかないのですが、これでは子どもなんかは大人に持ち上げてもらわない限り板しか見えないですね。
(上の写真の2枚目はプーリーのなんとか君)

そりゃ下手に手を入れてケガでもされたら困るのは分かりますが、よく見えないのはどうですかね・・・。
柵も二重になっていたりでわんこまで遠く、触るのはほぼ不可能です。

つくばわんわんランドも、手を突っ込むなとは書いてありますけど、基本「何かあっても責任取らんからな」という仕様です。
やはりわんこも触られているのに慣れていると、わんこの方から「モミモミしてくれ~」と寄って来たり柵に身体を擦り付けてきますね。
結果、さして手を突っ込まなくても柵越しにモミモミできますw

17105  17106 
わんこがグッタリなのは暑いので仕方が無いですけど、柵の厳重さには驚きでした。

以上その2でした。

さあ段々見る事・やる事が無くなってきました(泣)
しかし、そんなわんわん動物園にも他にはない魅力があった!?

続く・・・


コメントは受け付けていません